カテゴリー別アーカイブ: 部会からのお知らせ・報告

≪3部会合同企画≫ 南医療生活協同組合 総合病院 「南生協病院」見学会のご報告

★☆★————————————————————————————————————–★☆★

3月4日、医療介護現場カイゼン部会、コ・メディカル&異業種交流部会、
これからの高齢者住宅と コミュニティビジネスを考える部会
3部会合同南生協病院見学会が開催されました。

参加者は20名。

まずはじめに
南生協病院の成り立ち
コンセプトのお話を事務長 中村様よりいただきました。

そして3チームにわかれ

南生協病院の

緩和ケア病棟を始めとした各病棟
ボランティアスタッフが支えるデイルーム
手術室のバックヤード
図書室
病児保育
フィットネスクラブwish
食堂
助産所はあと
健診・ドックセンターなど

20140304_南生協病院見学会
それぞれが重点的に見たいポイントを質問しながら巡りました。
見学後は、医療従事者等とともに意見交換を行いました。

医療従事者からのニーズとしては

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
例えば…

・ 泌尿器疾患でハルンバッグ(開口式尿袋)を持ち歩く患者様がいるが
色が見えないようにちょうど良いカバーが無い。
ビニール袋や手作りの袋を制作する方もいるが感染症の面からは
推奨はあまりしないのが現状。
よい商品はできないか。

・ 病室でベットを取り、床に敷きたいときがある。
(自宅にいるのと変わらない環境をつくりたいという要望やリハビリのために等理由は様々)
簡易和室のようなイメージで洗浄可能なほどよいマットはないか。

・ 介助者の腰痛が起きやすい。よいアイディアはないか。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
等意見が出されました。

20140304_南生協病院見学会_4

今回の事業で出た意見や見て気付いた点は、参加者各社で検討するほか
3月24日に開催される部会においてもより深く検討していきます。

————————–

●本見学会を終えて…

・ボランティアスタッフが病室のお花を取り換えたり
お茶を出しに行く…といった仕組みをやろうとしてもなかなかできるものではない。
皆で病院を協働してつくるという姿勢に感銘を受けた。

・危機管理、防災対策という面で対策の余地がまだまだあるように思えたので提案を考える。

・健診がスムーズに受けられることが魅力(自身の住む町では4・5か月待ち)

などの感想がありました。

————————–

●南生協病院では

2015年4月

介護付き有料老人ホーム ・サーブス付き高齢者向け住宅 ・歯科クリニック ・メンタルクリニック
在宅療養支援診療所 ・訪問看護 ・訪問リハビリテーション ・居宅介護支援事業所
デイケア ・グループホーム ・小規模多機能居宅介護施設 ・ミニコンビニ ・その他もろもろ食事処・・・

地域のつぶやきを集めて作る まざりあいの明るいまちづくり
「みなみ生協よってって横丁」
オープン予定でますます地域の医療・介護の体制を創っていかれるとのこと。

http://www.minami.or.jp/introduction/yokochou/index.html

また病院はじめこれらのフィールドを活用し
企業とコラボレーション、誕生した試作機を実際につけて商品開発に活かす取組みにも積極的にご協力いただけるとのこと。

今後ともどうか宜しくお願い致します。
ご協力いただきまして誠にありがとうございました!!

——————————————–
南生協病院ホームページはこちら↓

http://www.minami-hp.jp/

≪3部会合同企画≫ 南医療生活協同組合 総合病院 「南生協病院」見学会のご案内

医療介護現場カイゼン部会、コ・メディカル&異業種交流部会、
これからの高齢者住宅と コミュニティビジネスを考える部会

◇◆◇——————————————————————–

≪3部会合同企画≫
南医療生活協同組合 総合病院 「南生協病院」見学会のご案内

——————————————————————–◇◆◇

医療介護現場カイゼン部会、コ・メディカル&異業種交流部会、
これからの高齢者住宅と コミュニティビジネスを考える部会
3部会合同特別企画として

南医療生活共同組合 総合病院南生協病院様に
ご協力を頂き「南生協病院見学会」を
開催することとなりました。

南生協病院見学会では市民の協同でつくる”健康なまちづくり支援病院”として
地域に根差した活動を行っております。

今回の「南生協病院見学会」は、
普段は皆さんが見ることのできない、
病院運営の実情や
医療従事者のニーズをくみ取り意見交換や提案ができればと考えております。

医療・介護関係者、製造業、サービス業など、多数の方々のご参集を

心よりお待ち申し上げます。

● 日 時:2014年3月4日(火) 13:30~16:10
● 会 場:南医療生活協同組合 総合病院 南生協病院
(名古屋市緑区大高町字平子36番地 TEL:052-625-0373 )

受付:南生協病院 南生協病院1階エントランス (受付 13:10~)
最寄駅:JR南大高駅 徒歩4分 ※できるだけ公共交通機関をご利用ください。

● 対 象:新ヘルスケア産業フォーラム会員または入会希望の方

● 参加費:3,000円(会員外5,000円)

● 定 員:20名 ※定員に達ししだい申込み終了いたします。(1社1名まで参加可能)
※業種・業態により、参加をご遠慮頂く場合がございます。

●下記をご覧ください。

南生協病院 見学会案内

【申込み方法】

2月27日(木)までに

【1】法人・団体名
【2】参加者の氏名
【3】会員状況(正会員か非会員か)
【4】(会員の場合は)会員の種別(正会員A、正会員B、ネットワーク会員また
は特別会員)
を明記し下記あてに電子メールにてお申し込みください。

☆★☆南生協病院見学会 実行委員 コミュニティ部会☆★☆
community@nhc-forum.com

今回、参加人数が限られるため別途、参加の様子を参加できなかった方にフィードバックする会を行います。
南生協病院見学会のレポートや南生協病院の提案する商品・サービス案を取りまとめなどを

3月24日(月)14:00~17:00
SMBCパーク栄(調整中)にて行う予定です。

また4月中に上記でまとめた案を南生協病院に発表する会を設ける予定です。

あわせてご予定ください。

【グローバル・マーケティング部会】ヘルスツーリズム 受入企業募集

新ヘルスケア産業フォーラム グローバル・マーケティング部会

中部圏インバウンドセールスプロジェクト事務局

1.    目的   

中部地域ものづくり企業のヘルスケア&シルバー産業(医療、介護、健康食品・飲料、スポーツ、美容、癒し、食など)商品のグローバル市場における販路開拓およびビジネスマッチングを目的とします。

 2.“ヘルスケア・ツーリズム”モデルツアーについて

中国政府系企業を中心に約1週間日本に滞在し、日本式ビジネスを学び(研修受講)、日本企業(医療、介護、健康食品・飲料、スポーツ、美容、癒し)などの施設を見学。

ビジネスマッチング会の後、当地域の観光を愉しんでいただいて帰国の途へ。

1回のツアーでの企業見学は2~3社の予定です。

3.      受入企業募集内容

(1)    日本式ビジネス講座の講師となる専門家     数名

(2)    見学受入先となる企業、施設          約20社

(3)   ビジネスマッチングに参加する企業、施設    約30社

——————————————————————–

▼▼▼ 受付申込書(pdf)がダウンロードできます ▼▼▼

ヘルスケアツーリズム説明会ご案内

——————————————————————–

(*1)『新ヘルスケア産業フォーラム』グローバル・マーケティング部会について
新ヘルスケア産業フォーラム(略称:NHCフォーラム)は、地域の産・学・官が幅広く連携・協働することにより、新ヘルスケア産業を中部地域の新たな成長産業として創出・育成していくことを地域全体の運動として展開することを目的に、平成24年8月27日に設立された会員制の支援団体です。グロ-バル・マ-ケティング部会は商社、メーカー、サービス業、医療機関等の異業種が連携・協働し、新ヘルスケア分野におけるモノやサービスの輸出、ヘルスツーリズム等のグローバル展開をめざします

(*2)『中部圏インバウンドセールスプロジェクト』(略称CISP)について

2012年9月28日に設立された『中部圏中国インバウンド誘致プロジェクト』が前身。2013年6月10日に現在の団体名称に変更。昇龍道プロジェクトとも連携して、中部北陸地域に中華圏、ASEAN諸国など海外からの誘客を図ることを目的に、観光ビジネス情報の発信を中心にした活動で、インバウンドを推進。

鉄道、交通、観光施設、宿泊、飲食、物販などの観光関連の民間企業を中心に、経済団体、観光関連機関なども参加する会員組織で、地域の個性を生かしたテーマ特化型の新しい旅行商品やモデルコースの造成も進めています。

(*3)今後の展開について

NHCフォーラム グローバル・マーケティング部会では、海外企業とのビジネスマッチング等の成果を上げるため、ヘルスケア・ツーリズムに関する勉強会を月1回程実施する予定です(有料制)。なお、今年度は事業の今後の可能性を探りながらモデル事業としてさまざまな試みを行ってまいります。誘致国は中国のみならず台湾、韓国、ASEAN諸国、欧米諸国をタ-ゲットとしており、利益のあがるビジネスとして取り組みたいと考えております。本事業へのご理解とご協力をお願い申し上げます。

【グローバル・マーケティング部会】ヘルスツーリズム受入企業募集と説明会のご報告

グローバル・マーケティング部会より先日行われました

ヘルスツーリズム受入企業募集と説明会のご報告をさせていただきます。

 

1.ヘルスツーリズム説明会

  日程 平成26年2月19日午後3時~5時 会場:名古屋駅前イノベ-ションハブ

  参加者 中青旅日本(株)、蒲郡海陽開発(株)、オリエンタル蒲郡検診センター、

      (株)エムケーサポート、ヤナセメディケアグループ、中部経産局、㈱トラ

      イアングルトラスト、東陽倉庫㈱、㈱知多半島ナビ

 

2、今回は、兼ねてよりグローバル部会が計画しておりました、ヘルスツーリズムを

より具体的にビジネスとして進めて行くひとつの取組みとして、会員のトライアングルトラストさんを中心とした*ヘルスケアツーリズムモデルツアーを企画します。モデルツアーのより良いパッケージ内容を作成する為、受入企業として専門講師、見学受入れ先施設企業の募集を行ないました。

*  ヘルスケア・ツーリズムモデルツアーについて

中国政府系企業を中心に約1週間滞在し、日本式ビジネスを学ぶ研修講座、日本企業・施設見学、周辺の観光。のちにはビジネスマッチング会も開催予定。

 

3、お集り頂いた企業様からは、現状報告や今後の可能性、先回見学受入れをしての感想要望等があがり、意見交換がなされましたので、一部ご紹介致します。

・  中国はかなり豊かになり、健康に対する意識も向上しているので、ヘルスツーリズムのビジネスチャンスである。また、中部圏は優秀な企業が多く魅力的な地域である。

・  中国人は温泉が大好き。温泉の歴史・文化・効能などをプラスすれば魅力的である。

・  昇龍道は、今ひとつおとしどころがないが、この企画は日本の受入れ側がしっかりすれば、ビジネスの可能性は大である。

・  中国と日本は予防の面ではそれほど大差はないと思うが、患者への対応は大差があるのが現状である。日本の細やかな対応を学べる機会を作るとよいのではないか。

・  中国人を団体で検診受入れをするには、日本人とは別の時間を設け、通訳との意思疎通がしっかりと細かいところまでケアできる体制が必要に思う。現在は少人数で個別の対応はしており、とても評判は良い。

・  中国人も胃(ピロリ菌)の検診は需要が高い。

・  施設見学を受入れる際には、前もって注意事項の徹底が必要と感じた。(患者、機器等の写真撮影の注意、患者への配慮、少人数単位行動など)

・  見学時間にゆとりが欲しい。(日本人の倍の時間は必要と感じた)

今回参加頂いた企業様からの貴重なご意見を踏まえ受入企業施設、講師の専門家など、より多くのみなさんとタイアップし、プランニングの専門であるトライアングルトラストにより、魅力あるヘルスツーリズムパッケージ内容を考えて行きます。

今後もこのような説明会を開催していきます。医療介護施設、医療機器メーカー、癒し関連施設、温泉、観光地など。ヘルスツーリズムにご興味のある方々を部会の内外問わず募集致しますので皆様のご協力を宜しくお願いします。